マンションとアパートの定義とは?賃貸を選ぶ時に参考にしたいポイント

マンションとアパートの違いについて気になったことはありませんか?
ほとんどの場合、建物の外観や家賃で見分けることができますよね。
では、外観の他にハッキリとした違いはあるのでしょうか。

今回は、マンションとアパートの定義、賃貸を選ぶ時に参考にしたいポイントをまとめてみました。

マンションとアパートの定義とは?

実は、マンションとアパートの定義、違いはかなり曖昧です。
しかし、曖昧でありながらも建築物の構造や資材、階層は異なり、不動産販売広告に記載する際の判断基準となっています。

マンションの定義

マンションの定義は、3階建て以上の耐火構造の集合住宅となります。
ほとんどのマンションが鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート構造です。

マンションの場合、賃貸か購入のどちらかを選ぶことができます。
また、アパートに比べて規模の大きな建築物という特徴があります。

マンションのメリットについて知りたい方は、こちらの記事をどうぞ☟

マンションで暮らす人が増えている?メリットを具体的に紹介近年、一戸建てではなくマンションを購入する方が増えていますよね。 実際にマンションで暮らすとどのようなメリットがあるのでしょうか? ...

アパートの定義

アパートの定義は、基本2階建てまでの準耐火構造の集合住宅となります。
主に木造、プレバブ、軽量鉄骨構造となります。
アパートは、賃貸用の建築物であることが特徴です。

また、2階建てであっても耐火構造ならマンションと表示されることもあります。

賃貸を選ぶ時に参考にしたいポイント

賃貸を選ぶ際には、ライフスタイルに合ったメリット、デメリットを知ることが大切です。

マンション

・耐火性に優れている
・遮音性が高い
・防犯セキュリティーが高い
・共有部分は管理会社が清掃してくれる
・エレベーターがある
・空調設備が充実している
・家賃が高め
・近所づきあいが希薄になりがち

アパート

・家賃が安い
・駐車場料が安い
・通気性が良く、湿気がきにくい
・近所づきあいしやすい
・外観のデザインが豊富
・防音性が低い
・木造が多い
・防犯セキュリティーが低い

アパートは世帯数も少ないことから近所づきあいなどもあるでしょう。
また賃貸のみの建造物であるため、マンションに比べると防音性は低くなります。
一方、マンションは長く住むことを想定し設備が整っています。
プライバシーを重視した建造物となっているため、近所づきあいなどの交流がないマンションもあります。

マンションと戸建ての資産価値について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ☟

マンションと戸建ての資産価値はどちらが高い?それぞれの比較してみた不動産を購入する際、どれくらいの資産価値があるどうかが重要な判断材料とされています。 そこで今回は、マンションと戸建ての資産価値に...

まとめ

マンションとアパートの定義が曖昧であることに驚かれた方もいらっしゃるでしょう。
マンションかアパートかを判断する基準は、構造、資材、階層の違いとなります。

また、どちらに住むか迷った場合には、不動産会社にメリット、デメリットを確認してみましょう。きっと良い判断材料となりますよ。

持ち家と賃貸のメリット・デメリットについては、こちらの記事をどうぞ☟

持ち家と賃貸はどちらがお得?それぞれのメリット・デメリットを紹介「そろそろ家を建てたほうが良い?」「賃貸はもったいない?」と悩まれる方は多くいらっしゃます。 「持ち家か賃貸か」という問題は、結論が出...